ホーム受注・研究情報 ≫ 論文等実績

論文実績

交通行動・ITS
交通現象・交通流動予測
交通マネジメント
交通安全
公共交通・福祉&まちづくり

PDFドキュメントを読むためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

■交通行動・ITS

Hiroshi TSUKAGUCHI, Upali VANDEBONA, Takaya NAKAMURA, Yoongho AHN, Yasuhiro SHIOMI;
Modelling of Pedestrian Sign Locations in a Large Tansport Hub
EASTS2019, 2019. 1081KB

安隆浩、家城奨吾、小川圭一、塚口博司;
JR高槻駅ホーム改良工事完了後コンコースにおける 駅到着毎のOD交通量推定に関する分析
第57回土木計画学研究発表会(春大会)、2018. 877KB

Takehiko DAITO, Jun TANABE, Masahiro TANGE, Kou SATOU, Seizo OTA, Takashi UCHIDA;
Pedestrian Navigation System Using RFID-Tag: Architecture and its Evaluation Based on a Field Trial
TRANSED2004(The 10th International Conference on Mobility and Transport for Elderly and Disabled People, Hamamatsu), 2004. 1095KB

内田敬、大藤武彦、菅芳樹、田名部淳、佐藤光;
RFIDタグによる位置特定と歩行者ナビゲーションシステムの開発
電子情報通信学会誌論文集, 2003. 190KB

岡本篤樹、内田敬、大藤武彦、川端荘平;
歩行者ナビゲーションにおける位置特定基盤としての電波タグシステムの提案
第二回ITSシンポジウム2003, 2003. 115KB

大藤武彦、内田敬、佐藤光、田名部淳、丹下真啓;
歩行者ナビゲーション(HITナビ)システムの開発と実証実験に基づく評価
第25回土木計画学研究発表会(秋大会), 2003. 263KB

内田敬、菅芳樹、田名部淳、大藤武彦、丹下真啓;
音信号を用いた歩行者ナビゲーションシステムの開発
情報科学技術フォーラム(FIT), 2003. 464KB

Katsutoshi SUGINO, Yasuo ASAKURA, Takehiko DAITO, Takeshi Matsuo;
Traffic Information Service in Road Network Using Mobile Location Data
The 7th ITS World Congress, 2000. 357KB

朝倉康夫、羽藤英二、大藤武彦、田名部淳;
PHSによる位置情報を用いた交通行動調査手法
土木学会論文集, No.653, 2000. 606KB

藤井聡、北村隆一、柘植章英、大藤武彦;
阪神・淡路大震災が交通行動に及ぼした影響に関するパネル分析
土木計画学研究論文集 No.14, 1997. 404KB


■交通現象・交通流動予測

飛ケ谷明人、兒玉崇、増本裕幸、北澤俊彦、金進英、大藤武彦;
車両検知器データと道路構造データを用いた 渋滞発生傾向把握と予測や評価への活用
第55回土木計画学研究発表会(春大会)、2017. 1,189KB

金進英、兒玉崇、北澤俊彦、嶋田真尚、大藤武彦;
動的・静的道路交通環境を考慮したボトルネック交通容量推定と渋滞発生メカニズムに関する分析
交通工学論文集(特集号)第3巻、2017. 1,709KB

金進英、宇野巧、岩里秦幸、大藤武彦;
量的・質的データを融合した事故要因分析による新たな交通事故分類と安全対策の方向性
交通工学研究発表会論文集、36、2016. 1,325KB

玉川大・萩原武司・河本一郎・嶋田真尚・大藤武彦
阪神高速道路の交通流シミュレータ:HEROINEのハイブリッド化に向けた検討
第51回土木計画学研究発表会(春大会), 2015. 1,209KB

Takashi Kodama・Toru Inoue・Takehiko Daito
PRACTICAL USE OF THE REAL TIME TRAFFIC ACCIDENT RISK PREDCITION ON HANSHIN EXPRESSWAY
21st ITS World Congress_Detroit, 2014. 2,684KB

萩原武司・小澤友記子・嶋田真尚・大藤武彦・宇野伸宏・倉内文孝・奥嶋政嗣
多様なデータを活用した交通シミュレーション関連技術開発に基づく予測所要時間精度向上
第47回土木計画学研究発表会(春大会),2013. 975KB

廣川和希・倉内文孝・大藤武彦・小澤友記子
ETC統計データを用いた車種別時間帯別ランプ間OD交通量推定の改良
第32回交通工学研究発表会, 2012. 659KB

嶋田真尚・倉内文孝・萩原武司・宇野伸宏・大藤武彦・小澤友記子
ETC統計データに基づく都市高速道路での情報提供に伴う乗継経路選択行動分析
第44回土木計画学研究発表会(秋大会),2011. 767KB

小澤友記子・萩原武司 ・奥嶋政嗣・宇野伸宏・大藤武彦
都市高速道路における障害時流出制御の効果と影響事前評価
第10回ITSシンポジウム,2011. 415KB

小澤友記子、児玉崇、大藤武彦
阪神高速道路の事故要因分析と今後の事故削減に向けた課題
第30回交通工学研究発表会,2010.371KB

小澤友記子、萩原武司、倉内文孝、宇野伸宏、大藤武彦
ETC統計データに基づくデイリーな時間帯別ランプ間OD表予測と変動分析
第41回土木計画学研究発表会(春大会),2010.2,669KB

大藤武彦、吉村敏志、宇野伸宏
都市高速道路における緊急時流出制御-理論的構築と現実に向けた考察-
第41回土木計画学研究発表会(春大会),2010.60KB

中山栄作、宇野伸宏、倉内文孝、大藤武彦
交通流シミュレーションにおけるETC統計データに基づくOD交通量の適用評価
第29回交通工学研究発表会,2009.581KB

Teruhisa ISHIBASHI,Satoshi YOSHIMURA,Nobuhiro UNO,Fumitaka KURAUCHI ,Takehiko DAITO
On-line Simulation Model for Traffic Control System of Hanshin
Expressway and Enhancement of its Validity Using Dynamic Observations

2ND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FREERWAY AND TOLLWAY OPERATIONS,2009.10KB

萩原武司、吉村敏志、宇野伸宏、倉内文孝、小澤友記子
ETCデータに基づく時間帯別ランプ間OD表の交通流シミュレーションへの適用
-デイリーな交通マネジメント施策導入の事前評価-

第39回土木計画学研究発表会(春大会),2009.784KB

中山栄作、宇野伸宏、倉内文孝、大藤武彦
交通流シミュレーションにおけるETCデータに基づくOD交通量適用結果の評価
第39回土木計画学研究発表会(春大会),2009.150KB

北澤俊彦、吉村敏志、、宇野伸宏、倉内文孝、大藤武彦
阪神高速道路におけるこれからの交通制御のあり方
第39回土木計画学研究発表会(春大会),2009.286KB

石橋照久、大藤武彦、宇野伸宏;
都市高速道路における流入調整による交通制御手法-実用化をめざした事前評価と課題-
第37回土木計画学研究発表会(春大会),2008.453KB

大藤武彦、小澤友記子、吉村敏志、石井康裕;
交通管制システムにおけるオンライン・リアルタイム交通流シミュレーションの活用
第33回土木計画学研究発表会(春大会),2006.135KB

土居聡、吉田聰、吉井稔雄、大藤武彦;
阪神高速13号東大阪線における料金割引実証調査‐通勤トリップの経路変更・利用時刻変更行動の分析‐
第24回交通工学研究発表会,2005,81KB

西林素彦、大藤武彦、奥嶋政嗣、井上矩之;
都市高速道路における流入調整による交通制御手法の事前評価
高速道路と自動車、第48巻、第4号、2005. 324KB

大藤武彦、吉田聰、吉井稔雄、北村隆一;
阪神高速13号東大阪線における料金割引実証調査による通勤トリップの経路変更・利用時刻変更行動への影響分析
交通工学(報告)、2005、335KB

ISHII Yasuhiro,YAMAGUCHI Hirotsugu,FUJII Masaru,DAITO Takehiko;
Online Traffic Simulator (HEROINE) Introduced at the Hanshin Expressway Traffic Control Center
11th ITS World Congress (Nagoya), 2004. 215KB

土居聡、雪本雄彦、西林素彦、大藤武彦;
都市高速道路における「入路流入調整方式」による交通制御現地適用実験
第23回交通工学研究発表会, 2003. 96KB

大藤武彦、西林素彦、奥嶋政嗣、井上矩之;
都市高速道路における渋滞水準を考慮したLP制御モデルの検討-HEROINEの適用-
第27回土木計画学研究発表会(春大会), 2003. 99KB

奥嶋政嗣、大窪剛文、大藤武彦
都市高速道路における交通管理施策評価のための交通シミュレーターの開発
第26回土木計画学研究発表会(秋大会), 2002. 277KB

Takehiko YUKIMOTO, Masashi OKUSHIMA, Nobuhiro UNO, Takehiko DAITO;
Evaluation of On Ramp Metering on Hanshin Expressway Using Traffic Simulator(HEROINE)
9th ITS World Congress (Chicago), 2002. 325KB

Koichi SAITA, Fumitaka KURAUCHI, Masashi OKUSHIMA, Takehiko DAITO;
Establishment of HEROINE Hanshin Expressway Real-Time Observation-based & Integrated Network Evaluator
9th ITS World Congress (Chicago), 2002. 120KB

田名部淳、大藤武彦、杉山守久、朝倉康夫;
AVIデータを用いた時間帯別路線間OD交通量の推計 -阪神高速道路を対象として―
土木計画学研究・講演集 No.18, 1995. 206KB

Takehiko DAITO, Takefumi OKUBO, Hideo MORITSU, Takayuki MORIKAWA;
Practical Traffic Assignment for Multiple Highway Routes Using Distribution of Values of Time
World Conference on Transport Research Society in Lyon, 1992. 452KB


■交通マネジメント

小川圭一・中川貴史・安隆浩
Google Street Viewを用いた自転車の通行位置と通行方向に関する実態調査
第58回土木計画学研究発表会(秋大会),2018. 548KB

小川圭一・伊藤美早子・安隆浩
地方自治体における自転車通行空間の整備携帯の種類と選定基準の比較分析
第38回交通工学研究発表会,2018. 570KB

小川圭一・安隆浩
往復2車線道路における自転車の車道通行にともなう自動車交通に対する影響分析
第57回土木計画学研究発表会(春大会),2018. 684KB

Takehiko DAITO, Takeshi HAGIHARA, Fumitaka KURAUCHI, Nobuhiro UNO
A TRAVEL TIME FORECAST IN CASE OF INCIDENT CONGESTION USING TRAFFIC SIMULATOR ~ A VALIDATION AND NEXT CHALLENGE ~
13th WCTR_Rio,2013. 265KB

小澤友記子・前川和彦・萩原武司・鈴木健太郎・大藤武彦
都市高速道路交通管制システム整備に係る新たな評価指標算定方法
第45回土木計画学研究発表会(春大会),2012. 768KB

小澤友記子・萩原武司・奥嶋政嗣・宇野伸宏・大藤 武彦
都市高速道路における障害時流出制御の効果と影響評価
第44回土木計画学研究発表会(秋大会),2011. 522KB

大藤武彦・萩原武司・倉内文孝・宇野伸宏
交通流シミュレーションによる障害時予測所要時間の検証と課題
第10回ITSシンポジウム,2011. 414KB

肥田肇、小澤友記子、大藤武彦、藤井聡
「はじめよう!かしこくecoなクルマ利用」WEBプログラムを活用した高速道路利用促進 ~「阪神高速ecoでイコ!」プロジェクト~ 
第5回日本モビリティ・マネジメント会議,2010.2338KB

小澤友記子、石原洋、大藤武彦、藤井聡
都市高速道路におけるコミュニケーション施策による環境対策と利用促進の試み
第29回交通工学研究発表会,2009.397KB

大藤武彦、野出光吉、長谷徹、松村暢彦;
自転車を活用した公共交通活性化の取り組み
-「サイクルネットワークみなと」-

第3回日本モビリティ・マネジメント会議、2008.1,150KB

林昌史、鴻野宏志、大藤武彦、小澤友記子、松村暢彦;
大阪市港区におけるドライバー及び従業員を対象とした
TFPによる継続性評価

第3回日本モビリティ・マネジメント会議、2008.272KB

稲垣学、小澤友記子、中塚教、内田敬;
和泉市における公共交通利用活性化プロジェクト
市民・事業所・学校を対象とした総合的なモビリティ・マネジメント

第3回日本モビリティ・マネジメント会議、2008.1,170KB

小澤友記子、正垣啓之、鴻野宏彦、松村暢彦;
ドライバーを対象とした環境にやさしいクルマ利用への行動変容実証分析
第27回交通工学研究発表会、2007.273KB

大藤武彦、筒井康訓、河田敦弥、小澤友記子、内田敬;
市民、事業所、学校が参加した総合的なモビリティ・マネジメントの推進
第2回日本モビリティ・マネジメント会議、2007.875KB

小澤友記子、筒井康訓、河田敦弥、大藤武彦、内田敬;
郊外型事業所団地における事業所モビリティ・マネジメントの計画
第2回日本モビリティ・マネジメント会議、2007.675KB

土居聡、大藤武彦、船津真弥、中村俊策、内田敬;
小学校における「交通・環境学習」実施に係る行政団体の支援のあり方としくみ
第33回土木計画学研究発表会(春大会)、2007.320KB

大藤武彦、筒井康訓、山内茂弘、内田敬;
WEB GISを活用したシームレスな個別公共交通情報提供-転入者への提供の試み-
第33回土木計画学研究発表会(春大会)、2007.339KB

小澤友記子、齋藤敬一郎、檜垣史彦、大藤武彦;
従業員を対象としたトラベル・フィードバック・プログラムの全国への適用可能性の検討
第33回土木計画学研究発表会(春大会)、2006.88KB

大藤武彦、松場圭一、井上英樹、松村暢彦;
WEBを活用したトラベル・フィードバック・プログラムの多様な事業所への適用
第31回土木計画学研究発表会(春大会)、2005. 67KB

大藤武彦、松村暢彦、大西孝二;
事業所を対象とした自律的交通マネジメント・プログラム実践の試み
The 22nd土木計画学研究・論文集、2004. 68KB

土居聡、原田行司、大藤武彦;

小学校高学年における交通・環境学習の教材の検討

第29回土木計画学研究発表会(春大会), 2004. 93KB

大藤武彦、松村暢彦、大西孝二;
事業所を対象とした自律的交通マネジメントプログラム実践の試み
第29回土木計画学研究発表会(春大会), 2004. 68KB

大藤武彦、西林素彦、藤井聡;
協力行動依頼コミュニケーションによる経路転換の実証分析
土木学会論文集No.727, 2003. 179KB

土居聡、雪本雄彦、藤井聡、大藤武彦;
説得的コミュニケーションによる交通行動の変容とその持続性 -阪神高速道路5号湾岸線利用促進を対象として―
第22回交通工学研究発表会, 2002. 70KB


■交通安全

寺前智文・向井梨紗・小島悠紀子・小澤友紀子
ドライバーアンケート調査に基づく道路情報板での交通事故リスク情報提供手法に関する検討
第61回土木計画学研究発表会(春大会)、2020. 682KB


安隆浩・向井梨紗・玉川大・小澤友紀子・大藤武彦
道路情報板による交通事故リスク情報提供に伴う仮想経路選択モデル分析
第61回土木計画学研究発表会(春大会)、2020. 550KB


西内裕晶・倉内慎也・吉井稔雄・大藤武彦・小澤友紀子
生活道路を考慮した松山都市圏における交通事故リスクの知覚バイアスに関する基礎分析
土木学会論文集D3・特集号、2019. 1125KB


宇野巧・玉田和也・向井梨紗・加瀬駿介・岩里泰幸・小澤友紀子・大藤武彦
交通管制員へのリアルタイム交通事故リスク情報提供と検証
第60回土木計画学研究発表会(秋大会)、2019. 1104KB


甲斐慎一朗・大藤武彦・高橋浩司・吉井稔雄
交通流シミュレーションを用いた低事故リスク経路誘導効果の分析
第60回土木計画学研究発表会(秋大会)、2019. 2129KB


金進英・岩里泰幸・宇野巧・福士達央・太田恒平・大藤武彦
交通事故リスク情報を活用した”低リスク”経路案内実証実験による効果検証
土木学会論文集D3・特集号、2019. 3517KB

倉内慎也・西内裕晶・吉井稔雄・大藤武彦・小澤友記子
生活道路における抜け道利用の抑止を意図した事故リスクコミュニケーションの効果分析
第59回土木計画学研究発表会(春大会)、2019. 1443KB

西内裕晶・倉内慎也・吉井稔雄・大藤武彦・小澤友記子
生活道路を考慮した松山都市圏における交通事故リスクの知覚バイアスに関する基礎分析
第59回土木計画学研究発表会(春大会)、2019. 360KB

西内裕晶・吉井稔雄・倉内慎也・大藤武彦・市川暢之
新潟都市圏道路網における交通事故発生リスク統合データベースの構築と情報提供によるドライバーの経路分析行動の分析
土木学会論文集D3・特集号、2018. 631KB

小川圭一・石田信之・安隆浩
道路ネットワーク特性と出発地・目的地間の距離を考慮した自転車の通行位置と通行方向による交通事故遭遇確率の比較分析
第58回土木計画学研究発表会(秋大会)、2018. 1176KB

小川圭一・安隆浩
団体客を考慮した歴史都市における観光客の避難場所と避難経路に関する研究
歴史都市防災論文集Vol.12、2018. 419KB

Takehiko DAITO, Yasuyuki IWASATO, Takumi UNO, Kazuya TAMADA, Tatsuo FUKUSHI, Kohei OTA, Jinyoung KIM, Toshio YOSHII
A Driver Navigation System Incorporating Traffic Accident Risks : Providing Drivers Low Accident Risk directions
25th ITS World Congress, 2018. 618KB

小澤友記子・岩里泰幸・宇野巧・安田裕介・大藤武彦
交通管制員へのリアルタイム交通事故リスク情報提供の試行と効果の検証
第57回土木計画学研究発表会(春大会)、2018. 1846KB

岩里泰幸、宇野巧、安田裕介、大藤武彦、小澤友記子
リアルタイム事故リスク情報生成と管制業務への活用
第55回土木計画学研究発表会(春大会)、2017. 765KB

西内裕晶、吉井稔雄、大藤武彦、小澤友記子、塩見康博;
新潟市内道路網における交通事故発生リスク 情報提供に向けた統合データベースの構築とその活用
第53回土木計画学研究発表会(春大会)、2016. 455KB

金進英、岩里泰幸、朴啓彰、大藤武彦;
「SAFETYドライブチェック」における 運転能力評価方法の精緻化検討
第53回土木計画学研究発表会(春大会)、2016. 821KB

岩里泰幸・兒玉崇・小澤友記子・大藤武彦
事故データベースに基づく動的な事故リスク情報の交通マネジメントへの活用
第13回ITSシンポジウム,2015. 818KB

兒玉崇・藪上大輔・大藤武彦 ・小澤友記子
事故リスク情報の有効活用に向けた利用経路・時間帯選択支援ツールの開発
第35回交通工学研究発表会,2015. 934KB

小澤友記子・兒玉崇・藪上大輔・大藤武彦
阪神高速道路におけるWEBベース事故リスク情報提供ツールを活用した安全運転支援 阪高SAFETYナビ:SAFETY ドライブ・スマートチョイス
第51回土木計画学研究発表会(春大会),2015. 973KB

兒玉崇・朴啓彰・藪上大輔・大藤武彦
運転能力診断装置を活用した高齢者への安全運転支援
第51回土木計画学研究発表会(春大会),2015. 1,081KB

阪神高速道路株式会社・阪神高速技研会社・株式会社交通システム研究所
「阪高SAFETY ナビ」の普遍化による総合的な事故削減(プロジェクト賞受賞)  
第9回日本モビリティ・マネジメント会議,2014. 14,484KB(①) 13,191KB(②)

大藤武彦・兒玉崇・竹井賢二・小澤友記子
リアルタイム事故リスク情報推定システムの構築と活用
第35回交通工学研究発表会,2015. 698KB

Takashi KODAMA・Daisuke YABUKAMI・Takehiko DAITO・Yukiko OZAWA
INFORMING DRIVERS ON ACCIDENT RISKS: A CASE OF HANSHIN EXPRESSWAY’S WEB-BASED TOOL “SAFETY Drive / Smart Choice”
22nd ITS World Congress_Bordeaux,2015. 778KB

兒玉崇・井上徹・小澤友記子・大藤武彦
交通事故データ等の安全運転支援への活用に向けたアプローチ ~動的事故発生リスク情報予測モデル分析~
第49回土木計画学研究発表会(春大会),2014. 2,083KB

小澤友記子・兒玉崇・大藤武彦
ドライバーへの働きかけによる安全支援 ~阪高Safety ナビおける信頼性・妥当性検証と効果の評価~
第33回交通工学研究発表会,2013. 345KB

Takashi KODAMA・Toshihiko KITAZAWA・Takehiko DAITO
TRAFFIC SAFETY MEAURES ON HANSHIN EXPRESSWAY
24th World Road Congress Mexico_PIARC, 2012. 922KB


■公共交通・福祉&まちづくり

柳原崇男、嶋田真尚、大藤武彦;
高齢者の外出頻度と交通行動の地域間特性に関 する一考察
土木学会論文集D3、第73巻、2017. 723KB

NPO法人持続可能なまちと交通をめざす再生塾
総合交通政策推進のための実務者育成の実践 -進化する再生塾・アフター再生塾がまちを変える-
第6回日本モビリティ・マネジメント会議,2011.20,832KB

Tsutomu DOI、Takehiko DAITO、Toru HIGASHI、Yutaka HONDA、Toshimichi MURAO、Dai NAKAGAWA、Kenichi SHOJI
IMPLEMENT HUMAN RESOURCES DEVELOPMENT FOR "MACHIZUKURI" AND INTEGRATED TRANSPORTATION POLICY:
A CASE STUDY OF "SAISEI-JUKU-

12th WTCR,2010.290KB

Akihiro MIHOSHI、Masanori SAWADA、Takehiko DAITO
COMPREHENSIVE AND INTEGRATED TRANSPORTATION SYSTEM
VISION AND PLANNING FOR ALL CITIZENS:
A CASE STUDY OF MOBILITY IMPROVEMENT IN SUBURBAN CITY

TRANSDE 2010,2010.499KB

長洲扶幹、三星昭宏、大藤武彦、沢田正則
市民の公共交通に対する意識と地域交通政策の検討に関する研究
第40回土木計画学研究発表会(秋大会),2009.109KB

大藤武彦、土井勉、正司健一、中川大、村尾俊道、本田豊、東徹
持続可能なまちと交通をめざした人材育成の実践-NPO法人再生塾の試み-
第39回土木計画学研究発表会(春大会),2009.294KB

正司健一、大藤武彦、本田豊、村尾俊道、北村隆一;
総合交通政策を推進していくための一つのアプローチ
-「再生塾-持続可能なまちと交通をめざして」を通じた人材育成の試み-

第37回土木計画学研究発表会(春大会)、2008.301KB

三星昭宏、大藤武彦;
大阪府における障害者の交通特性と自動車利用について

交通科学 Vol.23, 1994. 343KB
トップに戻る